鯖そうめんの商品名でもある、お市1800円、お茶々980円、お初880円、お江680円について

弊社の鯖そうめん商品には戦国武将・小谷城城主・浅井家の皆様のお名前を付けさせてい
ただいています。お市、お茶々、お初、お江です。お江は大河ドラマでも取り上げられま
したのでそこそこ有名ですが、こんな名前を付けようと思うとデザイナーに伝えたら、い
まどき
誰も知らない戦国時代の女のヒトの名前はよくないんじゃないの?とやんわり反対されま
した。サイズと価格が3種類あり直感的にどれが高いかわかりたいとき、みなさんなら
どうされますか?S、M、L 大、中、小 松、竹、梅?郷土料理ですので最初は、びわ

伊吹、竹生島としようと思いました。でもどれが高いか大きいかわかりません(笑)
びわ湖、富士山、淡路島(笑)意味がありません。
長女、次女、三女で行こうと決意しました。うっすら知っていましたがよく調べると
この三姉妹はとんでもない姉妹です。まず母の兄、おじさんが信長です。長女が嫁いだ
のが秀吉(側室)三女が嫁いだのが徳川家で旦那のお父さん(義父)が家康。旦那が
その後江戸幕府の将軍になり、生まれた娘の嫁ぎ先が皇室、旦那さんが天皇になりました

さらにその間にできた息子がのちに天皇になります。つまり三女の孫が天皇、三女は
天皇のお祖母ちゃんです。その血は今の天皇家にも流れているといわれています。
ということは天皇家はたどると織田信長、徳川家康が出てきてその血、DNAが流れてい
るということです。この滋賀の北の田舎のなにもない山城・小谷城で生まれた女の子が成
長して日本人なら誰でも知ってる信長、秀吉、家康と深い深い関係を持っていくのです。
お祖母ちゃんは孫にお年玉や、ランドセルを贈ります。(笑)
嫁は旦那より強いのが普通です。秀吉は側室にした長女お茶々をかなり愛していたようで
お茶会の席順が正室の次のNO2だったと記録が残っているそうです。秀吉にしたら仕えた
信長の妹の子ですから社長の姪を側室にしたということです。
三姉妹はそれぞれ戦国大名の当主に嫁ぎ 長女と三女は対立します。それを仲直りさせよ
うとしたのが次女です。ものすごくわかる話です。でもその対立が豊臣家と徳川家ですか

ケンカのレベルというか格というかスケールというか重大性がケタ違いです。
次女の仲介がうまくいかなくて大坂の陣がはじまり長女の豊臣家は滅びます。
滅ぼした側の三女は旦那や息子たちが将軍として江戸時代をマネジメントしていきます。
三姉妹のケンカは日本史レベルでもし次女の仲介がうまくいっていれば日本の歴史が
大きく変わったでしょう。大坂が首都かも知れないし、おじさんの信長があんなことに
ならなかったら安土城周辺が首都圏に栄えていたはずです。
ホームドラマはいろいろあります、サザエさん、バカボン、渡鬼、みんないろいろ事件が
おきますがおしなべて平和な話です。

分かりやすくいうと
ワカメ(お江)の旦那が徳川将軍になり義父が家康で、できた娘が天皇に嫁ぎ
孫が天皇になる、ワカメは天皇のお祖母ちゃんです。
姉のサザエ(お茶々)の旦那マスオが秀吉です。フネ(お市)のお兄さん(信長)が攻め
てきてナミヘイが自害する。カツオ(万福丸)がフネ兄の部下だったマスオ(秀吉)に殺
されのちにそのマスオの秀吉に嫁ぐ(側室)のがサザエです。(笑)

ドキドキしてサザエさんが見れません。(笑)