なぜ鯖を使うの?

ご承知の通り滋賀県は海なし県です。その滋賀県でなぜ「さば」なのか?それは
鯖街道の歴史にあると思います。鯖街道は有名なのは若狭小浜~熊川宿~朽木~京都
ルートです。それと分岐した小浜・敦賀~塩津~長浜ルートが有ります。
都の京都の大市場に鯖を届ける、塩をした生さばを背負いかごに入れ徒歩で
夜中も歩いて届ける、ついたころにはちょうど良い塩加減で重宝された。という
もので、滋賀県の湖西、湖北、福井の嶺南、小浜地方は豊富に採れたさばを使用した
様々な料理が郷土料理として今に伝わっています。
 丸ごとの焼き鯖、へしこ、さば寿司、焼き鯖寿司、馴れずし、鯖そうめん、
等です。
この地域はさばを中心とした共通の料理圏ではないかと思います。
 鯖そうめんは、彦根では聞きません、もちろん湖東、湖南、湖西でも聞きません。
むしろ鯛そうめん・にゅうめんだと聞いております。
 長浜・浅井・湖北の限定的な食文化ではないでしょうか?
長浜に流通した若狭の鯖が岐阜、大垣に流れていったとも余聞きません。
おそらく長浜が終着点だったのではないかと思います。
 海なし県の郷土料理が 「海の鯖」はお隣の福井県と隣接した湖北・湖西の
独特の文化だと思います。